アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

独自のウェブサイト

ウインドウと指

ecサイトは、主に自社の商品やサービスをインターネット上で販売するための独自のウェブサイトのことです。
ecは「electronic commeroe(エレクトロニクコマース)」のことで日本語では電子商取引とも呼ばれます。

このサイトを置くメリットは、自社の商品またはサービスを不特定多数の人に知ってもらえ、また購入してもらえるという点です。
特に提供しているものの情報提供をすることで、セールスをする必要がなく、それを欲している人にダイレクトに販売することが可能です。
一方でサイトを構築するには多額の費用が必要になり、また運用や販売時の対応などに独自サイトの場合には人員を多く用意する必要があり、それぞれメリットとデメリットが混在しています。

ecサイト制作と代行業者


ecサイトを作る場合には、多くは制作代行業者に依頼することになります。
サイトそのものは少しの知識でも作ることができますが、より集客性や効率性を求めるのであれば業者に依頼するのが無難です。
ただし制作代行業者は、サイトを作るだけのところもあれば、運用を行うところ、また販売管理まで行ってくれるところまで様々です。
もちろん、すべてを任せれば任せるほど、それだけ費用が高くなり費用対効果に疑問が出てきます。
また発注する側もしっかりと目的をもっていないと運用時のトラブルにつながるため注意が必要です。
なお、制作代行を行っている業者は大手から中小や個人まであり、それぞれ実績を見て選ぶことになりますが、大規模に運営する場合には少なくとも中規模程度の業者を入れる必要があります。

ecサイト以外の選択肢


ecサイトは、独自のサイトを運営するため自社の商品やサービスなどの魅力をダイレクトに伝えられブランド力の向上に役立てることができます。
一方で運営コストが高いという欠点を有しまた集客も自社で行う必要があり、その効果を出すためには宣伝広告が重要になってきます。
一方で、独自のサイトを持つ以外で、商品を売る方法としてはオンラインショップが寄り合う電子商店街があります。
これは、あらかじめ用意されたスペースと、その商店街が用意している規格に応じて販売サイトを構築して、商品を売るというものです。
独自のサイトを持つよりも安価に行えサイト全体の運用コストも押さえることができます。
また宣伝広告も容易で集客性に優れます。
ただし、この場合には売上に応じたロイヤリティを支払う必要があります。

オススメリンク

最適化オプションの適応

◆モバイルコンピューター端末への最適化オプションの適応
インターネットでecサイトのビジネスを始める心積りなら絶対にスマートフォンやタブレットなどのモバイルコンピューター端末への最適化オプションの利用をすべきです。
今時のインターネットユーザーの使う端末は家庭用のパソコンから持…Read more

ユーザーを意識

◆モバイルコンピューター端末向けのecサイトと画像
スマートフォンやタブレットなどのモバイルコンピューター端末に使われている液晶ディスプレイはパソコンの物よりもかなり小さめなのでサイトの見え方も違ってきます。
ですから完成したecサイトの中に商品画像などを添付していく時にはスマ…Read more

関連リンク